リノベーションに向く家、向かない家を見分けるためのポイントを説明します。

【無料】自分で選んだリノベーション会社から見積もりが届きます

納得のプランを探し出そう!
予算に合わせた、複数社の見積もりが届きます!


大手も選べるリノベーションの一括見積もりサービスはこちら


リノベーションに向く家、向かない家

リノベーションしやすい,耐震基準,工法,図面,窓の数,雨

リノベーション前提で住宅を購入する場合、リノベーションに対しての適不適を見分けるためのポイントはどこでしょうか?
4つの注意すべきポイントと、4つの避けるべき家をまとめました。

 

リノベーションのしやすさを見分けるための4つのポイント

まずは、絶対に避けるべきというわけではないですが、リノベーション向きの家かどうかを判断するためのポイントは以下の通りです。

 

現在の耐震基準を満たしているかどうか

 ,

この見分け方は一目瞭然で、家がいつ建てられたか で判断できます。
昭和57年以降に建てられたかどうか が判断基準です。

 

現在の国の耐震基準を満たした家というのは、昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた家です。
中古住宅がいつ建築確認を受けたかなんてわかりませんから、昭和57年以降に建てられた家ならば、まず大丈夫でしょう。

 

逆に、それ以前に建てられた家は現在の耐震基準を満たしていませんので、耐震性能に不安があります。

 

耐震診断を行ってみることをオススメします。
耐震診断について詳しく知りたい方はこちらの記事のご参照ください。

 

その結果、判定地が1.0未満である場合は耐震性能補強工事をする必要があります。
マンションではできませんが、一戸建てならば自力で耐震工事をすることができます。

 

コストのかかる工事ではありますが、地方自治体によっては費用の約半分を助成してくれる場合もありますので、事前に調査してみましょう。

 

どの工法で建てられた家か

 

どの工法にも一長一短があり、この工法の家はリノベーションに向かないということはありませんが、ツーバーフォー工法や鉄筋コンクリート造の壁式構造の場合だと、間取り変更を伴うリノベーションはしにくいです。
建物を支える耐力壁を取り除くことはできないからです。
各工法の特徴はこちらの記事をご参照ください。

 

今でこそ、リビングダイニング、キッチンを間仕切りなしに一体に繋ぎ、空間を広く見せるというのは一般的ですが、築20年以上の家になってくると、リビングはリビングといったように各部屋が間仕切りで仕切られている家が多いので、間取り変更ができないといった制約がでてきます。

 

家を建てたときの図面がキチンと残っているか

 

建築時の図面が残っていれば、例えば在来工法の家なら、柱一つとっても、それが、家を支えるために必要な通し柱、管柱なのか、それとも取り除いても平気な間柱なのかどうかが記載されているため、リノベーションのプランニングがスムーズに進みます。
過去の修繕歴があれば、なおいいでしょう。

 

そこまでキチンと残っているということは、それだけ大事に扱われてきた家とも言えますから、安心して購入できる物件といえそうです。

 

窓の数が多いか

 

窓やリビングが南向きかどうかを気にする人は多いですが、窓の数も重要な要素です。

 

窓の数は多いに越したことはありません。

 

マンションでは窓は共有部分になるため、そもそも窓を増やすことや大きさを変えることもできませんし、一戸建ての場合でしたら、先の工法の問題もあり、柱や壁を取り除いて、窓にできるのかどうかを検討しなければなりませんが、はじめから窓があるのならその心配はいりません。

 

南向きではなくても風が通り抜ける窓があれば、それは涼しくて風通しのいい家と言えます。

 

避けた方がよい家

 

そもそも問題があり、リノベーション前提で住宅を購入するならば、避けた方がよい住宅は以下の通りです。

雨で傷んだ鉄骨住宅

鉄骨住宅で躯体部分が雨で傷んでいる家は避けた方がいいでしょう。木造ならばに柱や梁の取り換えはできますが、鉄骨造だと躯体の交換は大変です。

 

違法建築

 

 

都心の一戸建てだと、容積率や建ぺい率の基準を超えて建てられている物件がまま見られます。
建ぺい率60%に対して70%などです。
それをそのままで、リノベーションするのか、建物を減築するのかは所有者のモラルが問われるところですが、あまりにひどい違反の場合だと銀行が融資してくれません

 

部屋の真ん中にパイプスペースがあるマンション

キッチンや洗面、浴室、トイレの給排水管をパイプスペース(略してPS)と呼ぶのですが、マンションの場合はこのPSの位置を動かすことはできません

 

そのため、PSが部屋の真ん中などに通っていると、部屋のど真ん中に柱が居座るといった、なんとも間取り変更のしにくい物件といえます。

 

排水の問題から、基本的にはキッチンや洗面、浴室、トイレなどの水回り設備も、PSの近くに配置しなければなりません。
もしどうしてもこれら水回りの設備の位置変更をしたい場合は、水回り設備とPSまでの排水管の勾配を確保するために床が高くなってしまいます。

 

マンションなどでキッチンだけ床の高さが高くなっているお宅は、キッチンの位置を大幅に移動したために、キッチンだけ床を高くしたのでしょう。

 

家の前の道路が狭い一戸建て

 

家の前の道路が法定ギリギリの4メートル未満のいわゆる「2項道路」と呼ばれるものですと、家を建て替える場合はセットバックする必要がありまので、建築面積が狭くなってしまいます。

 

建て替えではなくリノベーションならばそのままの建築面積でいけますが、あまりに家の前の道路が狭いと、クレーン車など工事車両が入ってこれないため、工事費用が高くつきます。


【無料】自分で選んだリノベーション会社から見積もりが届きます

納得のプランを探し出そう!
予算に合わせた、複数社の見積もりが届きます!


大手も選べるリノベーションの一括見積もりサービスはこちら


TOPへ戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ